しゃぶしゃぶが食べたい

スキヤキでも可

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汎用.jpドメインは嫌がらせ。

朝というか、夜中というか、4時に目が覚めたへたれ@しゃぶしゃぶです。
胃の辺りがシクシクします。・゜・(ノД<)・゜・。


私は普段、サーバーの運用から保守から事務職までなんでもやるのですが、
プログラミングもしたりします。
弊社の上層部はちょっぴり頭がアレな人たちなので、すぐにケンニンカという謎のキーワードを用います。
そんなわけで、私の業務はn倍化していくのです。

さて、表題の件。
汎用.jpドメインというのがあるそうで。
先日ネットワーク管理担当にBlueCoatのログの集計について、以下の相談を受けました。
・社内から社外へのhttpアクセス(URLを)ドメイン毎にアクセス集計したい
・ただし、サブドメインは親ドメインと同一とみなしたい
・特定のURL(例えばGoogleなどポータル)の一部ページ(検索結果など)は除外したい
これらを、少しずつピポッドテーブルで処理していたらしいのですが、
尋常じゃなく手間がかかるので、バッチファイルみたいなものでなんとかならないかとの事でした。

実に面白そうな話題でしたので、快諾し、WSH(VBS)で半日程度で組んで、サンプルのログで動作確認まで終わったので、引渡しました。
ところが、実際に動作させた所、エラーをはくというのです。
…エラー箇所は、ドメインの処理部分でした。

私やネットワーク管理者の中では、トップレベルドメイン(TLD)というのは、.comなどの一桁ドメイン(gTLD)と、
.co.jpなどの二桁ドメイン(ccTLD)だという認識でした。
(正確にはトップレベルとセカンドレベルドメイン)
故に、ICANNで定義済みの21個をgTLDとして処理し、残りをccTLDとして処理しました。
しかしながら、例えば日本郵政(http://www.japanpost.jp/)のように、セカンドレベルを持たない.jpドメイン、つまり汎用JPドメインというものが存在するのです。
これは2001年から始まった試みのようで、今では60万件以上のドメインがDBに登録されています。
駄菓子菓子、まったく嬉しくないシステムです。
DNSサーバは肥大化し、結果DNSの解決(特に.jp配下すべて)に時間がかかるのです…。
(もっとも、社外のDNS解決はクエリを上位サーバに転送しているので肥大化自体を意識することは殆どなかったのですが)
ということで、.jpドメインのURLがすべてエラーを吐いて大変なことになったという話でした。
スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

へたれの人

Author:へたれの人
・暇な間はちょこちょこいじれます
・忙しくなるとまた止まります
・取り説は困った時に見る派です
・やる気のなさは超一流

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。