しゃぶしゃぶが食べたい

スキヤキでも可

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宛先が無効です(´・ω・`)

最近何かと物忘れが激しい、へたれ@しゃぶしゃぶです。
そのうちご飯食べたことも忘れるんじゃないかしら。
…そういえば御飯食べてなかった(´ワ`)

というわけで、忘備録。
WILLCOM HYBRID W-ZERO3(WS027SH)で、メール送ろうとして、宛先が無効ですって出続けて困ったので。
原因は至極簡単で、相手のメールアドレスがRFC2821に準拠していないだけ。
問題は、相手のアドレスがってとこで、相手に変えてもらうにもメールが送れないというデフレスパイラル(´ワ`)
なお、HYBRID W-ZERO3(WillcomUIのメーラ)は送信前にこのチェックをやっているらしく、頑なに送信してくれないです。
回避策としては、メール→その他メールから自分のPHS番号を選び、そちら(Outlook)からメールを送る。
メーラーを経由しなければ送信できました。
この問題が起こるのは、主にauとDocomoユーザーみたいです。
ソフトバンクは旧ボーダフォンの頃からちゃんと対策(RFC2821違反のアドレスは取得不可)を行っていた御様子。
いやぁ、困った困った(ノ∀`)

以下、WILLCOM HYBRID W-ZERO3(WS027SH) Part46スレより転載
====================================================
594 :白ロムさん :2010/03/26(金) 01:00:39 ID:PkMiH9XZ0
今日機種変してきました。
メールを返信しようとすると
「宛先のアドレスが無効です。」
となり、返信できないです。
返信先はドコモです。
どうすれば返信できるのでしょうか?

595 :白ロムさん :2010/03/26(金) 01:03:24 ID:8r7QaD+I0
>>594
『ピリオド(.)が二つ並んでいる』
または
『@のまえにピリオドがある』
のどちらかじゃなくて?

598 :白ロムさん :2010/03/26(金) 01:10:10 ID:PkMiH9XZ0
>>595
ありがとうございます。
○○○...○○.10@docomo.ne.jp
アドレスはこんなんです。
送られた相手にそのまま返信で不可。
電話帳に登録してそこから新規でも不可です。
ピリオドが3つ並んでいるのですが、受信はできています。

607 :白ロムさん :2010/03/26(金) 01:26:35 ID:UbOF9kZu0
>>598
相手にアドレスかえてもらえ、RFC違反だ
http://support.microsoft.com/kb/281538/ja
http://neta.ywcafe.net/000897.html

いまでは取得できなくなってるらしい
http://blogs.wankuma.com/hatsune/archive/2009/04/03/170729.aspx
====================================================
スポンサーサイト

備忘録そにょ1

最近やっと暇ができてきた、へたれ@しゃぶしゃぶです。
ここ2年分ぐらいの撮り貯めた番組を見る作業に追われています、うぐぅ。
最近我が家のVARDIAがうるさいと思ったら、HDDが満タンでした…。
会社のストレージみたいに100TByteぐらいにならないかなぁ。


休話閑題
今日はWindowsのmklinkコマンドのお話です。
さて、mklinkとはUnix系ではお馴染みシンボリックリンクやらハードリンクやらを作るコマンドです。※1
Vista/2008 Serverから実装されました。※2
Windowsでいうと、ショートカットみたいなものですね。
(以下特に記載がない限りWindowsの機能を指す
じゃあ、ショートカットでいいじゃんとなるのですが、ショートカットと異なるのは、実ファイルがそこにあるかのように扱えること。
これはユーザからは意識することがほぼないのですが、ショートカットは実態は.lnkという拡張子の、
パスが記述されたファイルになります。
一方、シンボリックリンクはリバースポイントという機能によって実装され、元ファイルへリダイレクト(転送)されます。

…うん、よくわかりません。
ショートカットからファイルなどを開いた場合、中に記述されているパスを元に、Windowsがファイルを探しに行ってくれます。
意外と融通が利く子なのです。
所が、プログラム君は融通が利かないメガネ委員長タイプなので、探しに行ってくれません。※3
".lnk"ファイルだがそれがどうしたとか言ってくれます、いけずです。
だがそれが(ry

ここで、登場するのがシンボリックリンクです。
※ハードリンクは制限が厳しいので割愛、使ってる人はいないかも
シンボリックリンクはど○でもドアを作ります。
ドアを開ければそこに元ファイルがあるので、いけずな委員長もファイルを取ってきてくれます。
デレてくれます。
例えば、Outlookの.pstファイル(メールフォルダの実態)が大きくなってきたので、
別の容量の大きいドライブに移したいというケース。
単純に移動するだけだと、次回起動時にファイルがないと怒られます。
移動した後に、元の位置にシンボリックリンクを作っておけば、何事もなかったかのように使えます。

さて、やっとコマンドです(笑
MKLINK [[/D] | [/H] | [/J]] リンク ターゲット

/D ディレクトリのシンボリック リンクを作成します。既定では、ファイルのシンボリック リンクが作成されます。
/H シンボリック リンクではなく、ハード リンクを作成します。
/J ディレクトリ ジャンクションを作成します。
リンク 新しいシンボリック リンク名を指定します。
ターゲット 新しいリンクが参照するパス (相対または絶対)を指定します。


うん、よくわかりません。
mklink "どこに作るか" "元ファイルの位置"
ちょっとわかりやすくなりましたかね?
では実例。
OutlookのPSTファイルを既定の場所から、D:\Outlookの下へ移動したとします。
mklink "C:\Users\<ユーザー名>\Local Settings\ApplicationData\Microsoft\Outlook\Outlook.pst" "D:\Outlook\Outlook.pst"

こんな感じですね。

実際にはフォルダ丸ごと移動した方がいいかもしれません。
その場合はこうですね。
mklink /d "C:\Users\<ユーザー名>\Local Settings\ApplicationData\Microsoft\Outlook" "D:\Outlook"

/dをお忘れなく。
私はOutlook使っていないので、実際とは少し異なるかもしれません。
XPであれば、"C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Local Settings\ApplicationData\Microsoft\Outlook\"の下ですね。
※Vistaでもリダイレクトされるので、こちらのパスでもアクセスできます。

最後に注意点をいくつか。
・NTFS専用です。USBメモリーやリムーバブルHDDなどでは使えません。※4
・あくまでショートカットみないなものなので、シンボクリックリンクを削除しても元ファイルは消えません。
・シンボリックリンクから開いた場合でも、元ファイルが変更されます。
・ネットワークドライブにもはれます。
・プロパティからサイズがわかりません。
・GUIからショートカットとシンボリックリンクの見分けがつきません。
 プロパティのショートカット欄がグレーアウトしてるのがシンボリックリンクですね。
・別名でリンク張ることもできます。
 アレなファイルやフォルダを誤魔化すのに最適と思いきや、意外とばれますので油断なりません。
・たまに嘘ついている時があるので丸呑みしちゃダメ(´ワ`)

Q:誰得?
A:主に管理者が(笑


※1:実際にはちょっと違うので注意です
※2:一応、XP/2003 Serverでもサポートツール'sにはありました。
   ただしジャンクション扱いで仕様が異なったはずですが、詳しいことはえろい人に任せます。
※3:だたの偏見です。
※4:余談ですが、たまにNTFSでフォーマットしてあるHDD売ってますね。


参考
ソフトリンク
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF
ハードリンク
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

へたれの人

Author:へたれの人
・暇な間はちょこちょこいじれます
・忙しくなるとまた止まります
・取り説は困った時に見る派です
・やる気のなさは超一流

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。